業者選びのポイント

失敗しないためのゴミ屋敷片付け業者選び

ゴミ屋敷の片付けには相見積もりをとることをオススメしましたが、ではその見積もり後何を基準に業者を選べば良いのかわからないといった方がいらっしゃるのではないでしょうか?
業者選びを失敗してしまうと、余分な費用を払うことになってしまったり、業者の行うことができるサービス幅が狭く、結局また別の業者を選ぶ羽目になったりといったことが起こり得ます。
最悪の場合、悪徳清掃業者にあたってしまい、片付けてもらったゴミが不法投棄されることや、見積もりの際と当日作業後の内容が大きく相違すること、法外な金額を請求されてしまうことなどもあるのです。
そういったことを避ける為、5つのポイントをチェックしてみてください。

業者選びの5つのポイント

point1 見積りに説得力はある?

ゴミ屋敷や汚部屋の片付けは明確な料金基準(定価)がなく、業者次第となります。
見積り金額に対して過去の実例など、より根拠がしっかりしている業者を選ぶといいでしょう。トラブルに巻き込まれないため、安すぎてもダメ、高すぎてもダメなのです。

point2 各種認可を取得もしくは取得業者と連携してる?

ゴミ屋敷や汚部屋の片付け、不用品の回収などは、特別な技術が必要なくできてしまいますが、「全く何の許可もなし」で仕事として行うことはできません。
必要な許認可類として古物商及び廃棄物系の許可もしくはそれらの許可を取得している業者と提携していることが必要となります。
何の許可もなく清掃業や回収業行っている業者は注意深く検討しなければなりません。

ゴミ屋敷の片付け実績は豊富?

過去のゴミ屋敷片付け実績が多くあればある所ほど、片付けの経験が豊富で、ノウハウが多く蓄積されており、丁寧かつ迅速に清掃作業を行えることが多いです。
逆に実績が全くなかったり、ホームページにいくつかの実績はあるものの、写真に違和感(ビフォーアフターで全く場所が異なる写真など)があったりといったところは少し慎重に調べたほうが良いかもしれません。

新聞やTVなどメディア出演実績は?

TVや新聞など各種メディアに多く出ている業者であればあるほど、信用できる業者であると言えます。
豊富なメディア出演実績も失敗しない業者選びの指標だと言えるでしょう。

万が一のための保険に加盟してる?

大手引っ越し業者でも損害補償へ加入しているように、どんなにプロだからといって失敗しない、ヒューマンエラーがないということはありえません。
その万が一が起こった際、補償がないと目も当てられないので、もしもの時の備えがある業者を選ぶ良いでしょう。